何者にもならない小市民

読んだ本とか漫画の感想やメモ

麒麟の翼(ネタばれあるかも)

--ここから羽ばたいていく、はずだった--

 

「麒麟の翼」の画像検索結果

麒麟の翼』東野圭吾

新参者でおなじみの加賀恭一郎シリーズの9?作目。今までの8作は全く読んでない(おい)。まあドラマで見たし……覚えてないけど……阿部寛がかっこよかったことだけは覚えています!渋いオジサン大好き。

 

正直にいうと、東野圭吾好きではなかったんですよね。初めて読んだ東野圭吾は名作といわれている『魔球』なんですけど、これがまあつまらなかった。それ以来東野圭吾はいいわ、東川篤哉の方が面白いわと思ってたんですけど、とある縁あってこの『麒麟の翼』を手に取ったのでせっかくだからと読んでみたわけです。

結論からいうと、以外と面白かった。推理パートはまあそんなもんじゃろという感じだけど、いろんな人が麒麟の翼に思いを託していて、その人たちの人生が一瞬重なりあうのがグッときますね。こういうのに私弱いわけです。人の怨念(怨念ではないけど)を物に託すっていう行為はなんかぞわぞわする妖しい魅力がありますね。

映画になってるから今度DVDみてみようかな…