何者にもならない小市民

読んだ本とか漫画の感想やメモ

『神々の山嶺』1~5巻(完)感想

.この数日後そのカメラをめぐって深町はひとりの男と出会うことになる。 孤高のクライマー羽生丈二ーー登山界の一匹狼として名を馳せヒマラヤで消息を断った修羅の男との出会いである。 神々の山嶺 文庫版 コミック 全5巻完結セット (集英社文庫―コミック版)…

小学校で読んだ冒険ファンタジー小説を懐かしむ

二分間の冒険 選ばなかった冒険 これは王国のかぎ 魔法使いが落ちてきた夏 就活で読書習慣が消えてからあんまり読書をしなくなってしまった気がします。 とりあえず今は「十二国記シリーズ」を読んでいます。 名作ファンタジーとして名高いですしアニメにも…

『りゅうおうのおしごと!』8巻元ネタ集

りゅうおうのおしごと!8 (GA文庫) 作者: 白鳥士郎 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2018/03/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る お久しぶりの記事。 もはや書き方忘れました。 うかうかしていると9巻が出てしまいます。

『何者』感想、私の就活も勝手に語る

就活の面接ではまずキーワードから。ほんの少しの言葉と小さな小さな写真のみで自分が何者であるかを語るとき、どんな言葉を取捨選択するべきなのだろうか。 何者 (新潮文庫) 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/06/26 メディア: 文庫 …

生存確認てきな

お久しぶりです。 相変わらず就活中です。 ESを15ぐらい出しました。 沢山説明会にいきました。 説明会の帰りにスーツでアニメイトに行ったらちょっと浮いてました。 本命企業のテストで大失敗しました。 学生時代に頑張ったことを誇張して書いているうちに…

『真実の10メートル手前』 感想

私は気づいた。あらゆるものの影がくっきりとする夏の日差しの下、太刀洗の顔色に赤みがさしている。それは、一日中太陽に炙られたゆえの日焼けだっただろうか? 真実の10メートル手前 (創元推理文庫) 作者: 米澤穂信 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2…

就活、スパムコメント

今月はほとんど本を読まずに就活です。 正直「どうしてもこの業界に行きたい」とかそういう熱意は無いのでとりあえず企業説明会に行きまくってます。ESも書いています。今週はテストをたくさん受けます。 でもどの企業も推薦利用枠ばっかりで、自由応募枠が…

『ラメルノエリキサ』 感想

傷は消せないし、時間は戻せない。 でも、こんな風に害された状態のまま生きていったら、私は歪んでしまう。歪んでしまった私を、私は愛せるだろうか。自分自身にすら愛されなくなるなんて、耐えられない。 私はすっきりする必要がある。 ラメルノエリキサ (…

『緑陽のクエスタ・リリカ』 感想

まだ、自分にできることはある。 動けなくとも、剣も杖もないのだとしても。 考えるのだ。彼方の深淵を覗き込むように、最後まで。終わりまで。 それこそが魔術師の真の杖だ。 緑陽のクエスタ・リリカ 魂の彫塑 (MF文庫J) 作者: 相沢沙呼,so-bin 出版社/メー…

勝手にりゅうおうのおしごとかんそうせん! 居飛車と振り飛車、捌き

りゅうおうのおしごと!読者かつ超初心者向け解説記事第3回。 今回は居飛車と振り飛車について。 前提 戦法は2つしかない 居飛車は王者のパスサッカー 振り飛車は一撃必殺のカウンターサッカー 「捌く」とは 3巻から生石さんという振り飛車が得意な棋士が登…

勝手にりゅうおうのおしごとかんそうせん! 駒の特徴

超初心者向けテキトー解説記事第2回です。今回は駒の特徴。 歩はバナナ 香は緑コウラ 桂は岡崎慎司 銀は本田圭佑 金は吉田麻也 角・馬は香川真司 飛車・竜はC.ロナウド 王・玉はゴール 原作小説では各巻で何局か対局シーンがありますよね。 アレは全部元ネタ…

勝手にりゅうおうのおしごとかんそうせん! タイトル戦とは

この記事が想定する読者 タイトルは8つある 名人戦はJリーグ 竜王戦は天皇杯 叡王戦は...たとえづらい笑 永世○○って何? 私のブログで『りゅうおうのおしごと!』の元ネタを調べて紹介させていただいた記事があるんですが、結構見に来てくださる方が居て嬉し…

『月曜日の友達』2巻(完) 感想

机を16個並べることも。 超能力の特訓の手伝いも。 ふたりだけの秘密ということも。 君はどうでもよかったんだ。 月曜日の約束はもうやめようか。 月曜日の友達 2 (ビッグコミックス) 作者: 阿部共実 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/02/23 メディア: …

戦国じゃんぶるを懐かしむ

懐かしむシリーズ、今回は戦国じゃんぶるというシミュレーションゲームです。 splax.net SPLAX.netという無料で登録無しの簡単なオンラインゲームを数多く提供しているサイトがあるんですが、そこが制作した無料ゲーム。 30人の軍団を率いて戦いながら強くし…

『日曜は憧れの国』 感想

やがて四ツ谷駅前に到着する。駅のすぐ傍に建つこぎれいなビルが四谷文化センターだった。 入り口には「憧れの国へようこそ。あなたの憧れが未来への原動力です」とある。 憧れか。ではわたしみたいに対した憧れもない人間は未来に進めないのだろうか。 日曜…

『狂気の山脈にて』1~4巻(完) 感想

我々は今世紀最大の発見をした! 南極大陸の奥に漆黒の山脈あり! 狂気の山脈にて 1 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス) 作者: 田辺剛 出版社/メーカー: KADOKAWA / エンターブレイン 発売日: 2016/10/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件)…

『りゅうおうのおしごと!』7巻元ネタ集

りゅうおうのおしごと!7 (GA文庫) 作者: 白鳥士郎 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2018/01/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る アニメも始まり、7巻も発売です。 今回も元ネタを調べます。なんだか久しぶりですね。 情報が正し…

『帰ってきたヒトラー』 感想

ここ数十年間私の偉業を伝えるべく素人どもが苦労したようだ 帰ってきたヒトラー(字幕版) 発売日: 2016/12/23 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (4件) を見る 帰ってきたヒトラー 上下合本版 (河出文庫) 作者: ティムール・ヴェルメシュ 出版社/…

『11人いる!』 感想

一人多いぞ 十一人いる! 11人いる! (小学館文庫) 作者: 萩尾望都 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1994/12/10 メディア: 文庫 購入: 18人 クリック: 137回 この商品を含むブログ (194件) を見る 11人いる! 萩尾望都 とある縁あって手元に舞い込んできまし…

『じけんじゃけん!』3巻 感想

「犯人」じゃ! いま私ぶち「犯人」になっとった! じけんじゃけん! 3 (ヤングアニマルコミックス) 作者: 安田剛助 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2017/12/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 買ってきました第3巻。 文化祭の話が終わっ…

『紅井さんは今日も詰んでる。』1・2巻(完)感想

「 そう 将棋指しはわがままなのよ 相手の主張を咎め 己の主張はムリにでも通す」 「ますますコイツと関わりたくねー」 紅井さんは今日も詰んでる。 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 作者: 尾高純一,野田大輔 出版社/メーカー: スクウェア・エニッ…

クリスマスに読んだ怖い絵本を懐かしむ

久々の懐かしむシリーズです。今回は記憶が曖昧。所々捏造があるかも。 小学1年生か2年生のころのクリスマスの日の朝。 「仕事でちょっと遅くなるけど、8時頃に帰るからそれまでこれでも読んで待っててちょーだい」と1冊のちょっと長めの絵本を親から手渡さ…

『刺青・秘密』 感想

その女の足は、彼に取っては貴き肉の宝玉であった。 拇指から起って小指に終る繊細な五本の指の整い方、絵の島の海辺で獲れるうすべに色の貝にも劣らぬ爪の色合い、珠のような踵のまる味、清冽な岩間の水が絶えず足下を洗うかと疑われる皮膚の潤沢。 刺青・…

『私の家では何も起こらない』 感想

ここは私の家だ。私の住む、とても居心地のいい私の家。私の住む家では、そんな不吉なことは何も起こらない。 私の家では何も起こらない (角川文庫) 作者: 恩田陸 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/11/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (3件) …

『藤子F不二雄異色短編集』1~4巻 感想

人間は変わるもんだぞ。きみも頼子も。 愛は色あせ情熱も冷え、暮らしの垢が重苦しくこびりついて、 やがて苦い目覚めの朝が…… ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉) 作者: 藤子・F・不二雄 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1995/0…

『藤子・F・不二雄少年SF短編集』 1巻・2巻 感想

未来は、それがあるというだけですばらしいことなんだ 藤子・F・不二雄少年SF短編集 (1) (小学館コロコロ文庫) 作者: 藤子・F・不二雄 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 1996/04/01 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 42回 この商品を含むブログ (30件) …

twitterと連携してみる

はい。タイトルの通りです。 機械音痴なものでちゃんと連携できてるかどうかは怪しいですが…… まあ以前から思っていたことですが、わざわざはてなブログにアクセスしてから「購読ブログの新着記事」ボタンをクリックしてこのブログに来ていただくのはたぶん…

作家をどう呼ぶか悩む

感想ブログを書くようになってからちょっとした悩みがあります。 作家をどう呼ぶべきか? 今のところ弊ブログでは呼び捨てで基本的に統一しているのですが、敬愛する作家さんたちを呼び捨てで書くのは畏れ多いのでためらいがあるんですよね。 脳内では「~~…

映画「氷菓」 感想

わたし、気になります! hyouka-movie.jp

『じけんじゃけん!』1巻・2巻 感想

私はミステリのためには努力を惜しまん女じゃけね! じけんじゃけん! 1 (ヤングアニマルコミックス) 作者: 安田剛助 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2016/10/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る じけんじゃけん! 2 (ヤングアニマ…