何者にもならない小市民

読んだ本とか漫画の感想やメモ

tumblrとの比較

 最初はtumblrでこれと同じブログ始めようとしたんですけど、初心者の私にはなんだか書きづらくて結局はてなブログに鞍替えしました。

 理由はいくつか。まずtumblrは日本語の検索機能が貧弱すぎる。ブログ内検索できないのは致命的です。

 あとカテゴリー分け機能が標準装備されていない。まああっちはSNSとブログの融合みたいな形なのでそういう機能を使うのは想定されていないのかも。まあこっちでやっていきます。

 

しかしはてなブログはちょっと重い気がする。私だけか?

りゅうおうのおしごと!1巻元ネタ集

りゅうおうのおしごとの作中に出てきた元ネタをできるだけ全部拾っていきます。私自身将棋界にも将棋にも詳しくない(特に戦法は全くわからない)のでいろいろ調べながら。将棋を全く知らない人向けかも?以下注釈:

・段位/称号はだいたい当時のもの。でも結構てきとー。

・間違いの可能性もあるのでご容赦ください

・特に棋譜や戦法に関する知識は私にはないのでわからない

 

では行きましょう。


 
続きを読む

りゅうおうのおしごと!1巻

 --そこに勇気や闘志やプライドが、怯えや震えや執念や意地や情熱や希望や絶望や根性がーー指した手に『想い』が込められているのならーー将棋は人を熱くする。どこまででも熱く。--

 

 

りゅうおうのおしごと!白鳥士郎

 

何やら将棋を扱ったラノベがあるということで、たまにウォーズで将棋を指す身としては読むしかないじゃんね。

久しぶりにいわゆるガチガチのラノベを買いました。ラノベの定義にもよりますけど。表紙がアニメ絵の本を買うのは中学生の時に買った『とらドラ!』以来ですね。古典部シリーズをラノベに含めるなら話は変わりますが、まあそこらへんはどうでもいいやね。ラノベの定義論争は闇が深いので近寄らんとこ。

では感想を書きましょう。

続きを読む

麒麟の翼(ネタばれあるかも)

--ここから羽ばたいていく、はずだった--

 

「麒麟の翼」の画像検索結果

麒麟の翼』東野圭吾

新参者でおなじみの加賀恭一郎シリーズの9?作目。今までの8作は全く読んでない(おい)。まあドラマで見たし……覚えてないけど……阿部寛がかっこよかったことだけは覚えています!渋いオジサン大好き。

続きを読む

米中もし戦わば


f:id:petitbourgeois:20170719133458j:image

『米中もし戦わば』ピーターナヴァロ

米中衝突のシナリオをなるべくわかりやすく、そして公平に解説した本。空母、ミサイル、核、潜水艦などのよく知られた軍事力はもちろん情報戦、諜報戦、法律戦の分野も門外漢にわかりやすく丁寧に記述した良書だと思う。

個人的に印象に残ったのは2つ。

続きを読む