何者にもならない小市民

読んだ本とか漫画の感想やメモ

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』 感想(ネタバレ有)

翡翠さんは、霊媒です」

不思議そうにこちらを見ている翠の瞳を見返して、香月は続けた。

霊媒というのは、生者と死者を媒介する存在です。だとしたら、僕はあなたの力を、論理を用いて現実へと媒介する、お手伝いをしましょう」

 

medium 霊媒探偵城塚翡翠

medium 霊媒探偵城塚翡翠

 

 本屋大賞にノミネートされている相沢沙呼のミステリです。

私は普段は単行本は買わない(お金とスペースがない)のですが、応援する相沢沙呼先生の作品が話題となれば買わないわけにはいかないでしょう!!ということで買って参りました。ちなみにサイン本です。やったね。

今回はいったいどんなふとももが……じゅるり……

まだもうしばらくはネタバレなしで書きますね。

続きを読む

『屍人荘の殺人』映画・小説感想(ネタバレ有)

「取引しよう」

久しぶりのその言葉を聞いた。紫湛荘に来るきっかけとなった言葉だ。

「どんな取引です?」

「死体を移動させて。できたらちゅーしてあげる」 

 屍人荘の殺人

 

あけましておめでとうございます(激遅)。もう2月!

さて、新年最初の記事は、昨年クリスマスに観た映画についてです。今更すぎる。まあいいか。

皆さん、昨年のクリスマスイブとクリスマスは何していましたか?恋人や家族と楽しく過ごしましたか?

私はイブに『屍人荘の殺人』の小説を読み、クリスマス当日にカップルにまみれて1人でその映画を観てきました。素晴らしいクリスマスでした。本当にそう思っています。

shijinsou.jp

 

www.youtube.com

 『屍人荘の殺人』は「このミステリーがすごい!2018」「週刊文春ミステリーベスト10」「2018 本格ミステリ・ベスト10」「第18回本格ミステリ大賞」を受賞し国内ミステリ4冠に輝いたミステリ作品。いわゆる「館モノ」です。

そして12月13日に映画が始まりました。主演は神木隆之介浜辺美波中村倫也と超豪華。

時期的にもキャスト的にも明らかにカップルで観に行くことを想定している感じです。

 

あらすじ

 とある私立大学が舞台。ミステリ愛好会にはわずか2人しかメンバーがいない。探偵を自称する明智恭介(中村倫也)と、常識人たる主人公葉村譲(神木隆之介)。

大学内で事件が起きれば明智は鋭い閃きを発揮したり、しなかったりする。事件がなければ探偵事務所や警察に押しかけ謎を探し、猫探しのバイトを下請けしてきたりする。葉村は明智のワトソンとして振り回されつつもその日々が楽しいのであった。

大学は夏休み。明智には気になるイベントがあった。映画研究部の夏合宿である。紫湛荘というペンションを借り切って心霊映像を撮るというものらしい。

けどなあ、葉村君。ペンションだぞ、夏のペンション。そこに同年代の若者が集うわけだ。 いかにも何か事件が起こりそうじゃないか。

 特に映研に知り合いもいないというのに、何か事件が起きそうという理由だけでどうしても合宿に参加したいと駄々をこねる明智、なだめる葉村。と、剣崎比留子と名乗る女子学生が2人の前に現れる。

「――剣崎、剣崎さん」何かが引っかかったように明智さんが繰り返す。

「それで、我々に何かご用で?」

「取引しましょう」

単刀直入に、彼女はそう切り出した。

曰く、「部内のコンパを兼ねたこの合宿に脅迫状が届いたために女子部員のほとんどが参加を辞退。彼らは女性の参加者が足りなくて困っている。さて、あなたたち、私と一緒に参加しませんか?女性の私が参加するとなれば断られないはず。ただし、なぜ私があなたたちを誘ったのかは訊かないでください」

うますぎるような話だが、そういう怪しい話にこそ首をつっこむのが大好きな明智はノリノリ。というわけで明智と葉村、そして剣崎は映研の合宿に参加したのだが……

 

 

感想(ここからネタバレあり)

続きを読む

小説版『HELLO WORLD』感想

今日から三ヶ月後、お前は一行瑠璃と恋人同士になる。 

hello-world-movie.com

HELLO WORLD (集英社文庫)

HELLO WORLD (集英社文庫)

 

 

 アニメ映画づくし!ということで今度はこちらの感想。といっても小説版だけ読んで映画は観てないのですが。

 

作者の野﨑まどといえば『死なない生徒殺人事件』『[映]アムリタ』などで有名ですね。ミステリとSFと、ちょっとホラーと混ぜ合わせてパセリを加えたような独特の世界観をもつ作家。私は『死なない生徒殺人事件』が好きです。

一部界隈では「将棋のタイトル戦で初手に家から持ってきた角で王手する話」が有名かもしれません。

続きを読む

『天気の子』感想

人間歳とるとさあ、大事なものの順番を、入れ替えられなくなるんだよな。 

お久しぶりです。またしばらくブログをサボってしまいましたね。

年末になりましてようやくブログを書く時間ができましたのでまとめて書いていこうかなーと思っています。

 

で、観てきました『天気の子』。え、今さら?とか言わないで。私もまだ劇場公開していることに驚いた。

 

館内にカップルはもはやいない。冬休みに入った女子中学生とか、週末見に行く時間が無くてようやく年末に時間ができたサラリーマンぽい人とかが多かったですね。私もその一人ですが。

あとなんか挙動不審なオジサンがいました。ずっと座らずにウロチョロしてるのでチケット買わずにトイレに隠れててこっそり入ってきたんじゃないかと思いました。

 

続きを読む

十二国記『白銀の墟 玄の月』 感想(ネタバレ有)と考察

ついに発売されましたね!なんと18年ぶりの新刊。

まあ私が十二国記シリーズを読み始めたのはほんの2年前ぐらいなので大して待っていないのですが、以前からのファンの方にとってはまさに「待望」ですよね。

発売当日は台風19号のため最寄りの書店が休業していたので買えず。日曜購入してその日に1巻を、そして翌日2巻を読み終えました。

以下ちょっとした感想と考察(展開予想)です。

www.shinchosha.co.jp

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

 

 

続きを読む